チャンピックスの通販

チャンピックス錠を、禁煙外来でなく通販で購入する理由とメリット

保険適応に条件があるチャンピックス錠

他の禁煙グッズに比べても抜群の禁煙成功率を誇る「チャンピックス」。「これなら絶対にやめられる」と期待を込めて、この禁煙補助薬を利用する方が増えています。

では、チャンピックス錠はどこから入手するのが良いのでしょうか?

1回の禁煙トライに限定して考えると、通信販売利用より病院の禁煙外来を受診し、保険適応にてチャンピックスを処方してもらう方が薬価費用は幾分安くあがります。

しかし、ここには落とし穴があります。実は保険適応でチャンピックスを処方してもらうためには以下4つの条件があるのです。

チャンピックス処方の4つの条件

上記の1・2・4は、いずれも事務的な物ですので禁煙外来を受診する人なら問題なくクリアできます。しかし意外とひっかかってくるのが、3の「ブリンクマン指数」です。

たとえば1日20本吸う方なら10年以上の喫煙歴がないとクリアできないことになります。1日の喫煙本数が少なめだったり、まだ若くて喫煙歴が短い場合は思いがけずここで躓くことになります。

「まだ喫煙歴が浅いのだから自費でやめられるでしょ」ということなのか、決意を持って禁煙外来を受診する人に対して、とても冷たい結果を突きつけられることがあるのです。

1日10本×10年だとブリンクマン指数は100となり、この場合チャンピックスの処方は自費扱いとなってしまいます。「健康を害さないために」と極力少ない本数に抑えてきた人にとっては、納得のいかない話です。

チャンピックスの購入はこちら

禁煙外来の敷居は意外と高い

あまり知られていないのですが、保険適応にて診療→治療をスタートした後に禁煙に失敗した場合、初診日から1年間は保険が効きません。つまり、すぐに2度目の挑戦を始めようとすると自費治療となるわけです。

自費で禁煙外来に通い、再びチャンピックス錠を処方してもらう場合、かかる費用はじつに平均60,000円ほど。立て続けに保険適応で治療することができないというのも、禁煙外来の意外に不便なところです。

ですが、一旦禁煙に失敗した以上、速やかに次の対策をとりたいのが人情です。1年も待ってから禁煙を再スタートするくらいなら、禁煙への意欲が減退しないうちに早く次のチャンピックスを手に入れたいものです。

他の禁煙グッズを利用するのも選択肢の1つですが、禁煙成功率40%を越えるチャンピックスと比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

忙しくても「自分タイミング」で禁煙開始

通販ユーザーに圧倒的に多くみられる傾向が、やはり「忙しくて病院に行けない」ということでしょう。土日祝日も受診できる禁煙外来は数が限られており、忙しく働く人にとっては決して利用しやすいとはいえません。

また、たいていの病院には長い待ち時間があります。忙しい時間を割いてなんとか禁煙外来に出向いたとしても、なかなか終らない。このイライラ感は、むしろ禁煙の敵といえるかもしれません。

その点、時間や場所を問わず気軽に購入できる通信販売はグッと身近な存在です。また、値段や価格帯もあなたの希望にあったパッケージから選択することが可能ですので、費用的にも融通が効くところも便利です。

チャンピックスを通販で購入するメリット

以下は、チャンピックス錠を通販で購入するメリットのまとめです。

失敗しない販売店選びのポイント

通販でチャンピックスを購入するメリットは様々ですが、医師に処方してもらう方法と比べると若干リスクはあると言わざるを得ません。

ネットショップ運営者の中には悪質は業者もおり、正規品でない偽物や粗悪品を売りつけられてしまうこともあります。通信販売を利用する際には、くれぐれもそうした悪徳業者につかまらないよう注意しましょう。

安心できる販売店を選ぶ際のポイントは以下の通りです。

「特定商取引法に基づく表記」は医薬品販売店に限らず、通販に携わるすべての業者に表示が義務付けられています。日本通信販売協会がガイドラインを設けており、この表示がない場合何かしら問題があると思って間違いないでしょう。

もちろん、適当な内容を表示してまともな業者を装うケースも考えられます。購入前にサポートセンターに直接問い合わせをしてみたり購入者のレビューや評判を参考にするなど、信用のおける販売店を選びましょう。

チャンピックスの購入はこちら